住み替える

分譲マンションから分譲マンションに住み替える際には今住んでいる家を売却しなければなりません。いわゆる「中古マンション」として次に住みたい人に買ってもらうという手続きが必要になります。通常、マンションを売る際には、不動産会社に仲介をしてもらいます。その出だしとして、まずは不動産会社に、今住んでいるマンションがいくらで売れそうなのかを見積もってもらう必要があります。これを「査定」といいます。ここで間違えてはいけないのは、査定というのは必ずしも、その査定金額で売れることを保証するわけではないということです。中古マンションが売れるかどうかは、あくまで市場で書い手がつくかどうかにかかっていますので、実際に売りに出してみないと分からない側面があります。しかし、ある程度めどを立てないと売りに出す際の金額が設定できないので、不動産会社による査定を受けるわけです。さて、実際にマンションを査定してもらうと、以外と安くて驚くことがあります。(中古マンションの売却見積価格が不満) しかし、不動産価格というのは、実際のそのものの価値というよりは、需要と供給のバランスによって決まるものなので、期待通りにいかないことがあるというのも知っておいたほうがよいでしょう。逆に、あまり期待していなかったマンションが予想よりも高く売れるということもあります。特に、下落率の低い人気の街や、交通の利便性のよい立地条件の不動産は、場合によっては購入した時よりも高く売れる可能性があります。なお、ひとつコツがありまして、売却査定を受ける前に、家をなるべく綺麗にしておくとよいと言われています。もっと言うと、プロにクリーニングしてもらうと効果があります。特に水回りの状態や、建物の維持管理状態というのは査定価格にも影響しますので、クリーニングに数万円払ったとしても、元がとれる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>