日本橋(東京都)

日本橋と言えば「三越」と「高島屋」の2つを双璧に持つ『百貨店』のイメージが強い。しかし三越のお膝元は日本橋だが高島は京都である。つまり東西に代表する百貨店が日本橋に存在しているのである。ちなみに高島屋の本店がある大阪では棲み分けがなされていて、高島屋は「難波区」で三越は「北区」である。高島屋が三越のお膝元で軒を構えるようになったのは戦前からであるため、どうやら高島屋の方が三越を気にしている節がある。実は三越は高島屋が京都から大阪に引っ越す前に既に大阪店を中央区の高麗橋に出しており、三越的には高島屋など気にもかけていないのであろう。
ところで、日本橋をお膝元としている三越の前身は、時代劇で悪徳商人の代名詞となった呉服店の「越後屋」である。越後屋は当時としては画期的な値札の導入や、現金払いなどの販売スタイルを確立した先進的なお店であった。当時の江戸時代は値段を販売者と購入者が交渉で決めるのが一般的で、その意味では商売の迅速化を越後屋は始めた先駆者である。もっと評価されても良いはずなのに、庶民のドラマでは悪役に成り下がっているのはどうしてだろうか。
実は越後屋には呉服商の他にもう一つ、両替商を行っていた別の顔がある。江戸時代の貨幣流通は「金」「銀」「小銭」の三つを基本とする「三貨制度」であり、江戸では「金」を、大阪では「銀」をそれぞれ主要な通貨として流通させていた。この金と銀を両替する際の手数料で儲けるのが両替商だったのである。呉服と両替の二つの商売による正攻法で、莫大な利益を得た越後屋は勿論、庶民やライバルから目の敵にされ、それがやがて格好の悪役の代名詞となった訳である。越後屋が両替商と言う職にありつけた訳は、金を鋳造する場所の「金座」が日本橋にあったからと言われている。ちなみに銀の鋳造場所は「銀座」であり、これは今の東京の銀座の位置にあったが、元々は徳川家発祥の静岡にあったそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>