月別アーカイブ: 2014年6月

プライバシーとコミュニケーションノバランスが取れた家。

私にとっての理想の住宅は、プライバシーを確保しつつも、いつでもみんなが顔を合わせられる家です。 これは、家の誰がその時間に在宅しているのか、誰の部屋にどんなお客が来ているのかきちんと把握できて、家族一人ひとりの様子を確認できることが大切なのです。 例えばよそのお宅にお邪魔して、こんな間取りを見ることがあります。自室から玄関まで家族と顔を合わせずに出入りできる家。お風呂やトイレに行くのに廊下だけを通り、一日家族と顔を合わせずに済む家などなど。これでは家族の健康状態も把握できないし、拒絶したらとことん拒絶できてしまう家だなあと思うのです。 とはいえ、一人になりたいときにも四六時中家族の眼があるのも困りものです。そう、バランスが大切なのです。だから私にとって理想の住宅は、自室では一人きりになれるけれど、一歩部屋を出たらいつも家族の顔が見える間取りで、帰宅時や外出時は必ずリビングを通って自室にいけるような住宅だと思います。

江東区北砂に住みたい

私にとっての「憧れの街」はズバリ江東区北砂です。仕事で2回砂町銀座商店街を通りました。私はそのとき、「あぁここに住めたらいいなぁ」感じました。何がいいかと申しますと、商店街を歩くと日常生活のほとんどが満たされることです。食べることに関しては25のお店があります。私はお酒が好きです。ですので、おつまみを選ぶ苦労が要りません。この商店街を歩くだけで、食べたいおつまみは揃います。買わなくても見ているだけで楽しいです。地元の人たちが互いに協力しあいながら築き上げていく街は、人情と活気に溢れています。江東区北砂に住みたいです。そして毎日会社の帰りにこの商店街を通って家に帰りたいです。一日の労働の疲れをこの商店街が癒してくれます。私の好物の豆腐や惣菜など毎日食べても飽きません。食べるだけではなく「着る」ことについても充実しています。また、薬屋さん、時計屋さんもあります。この街の住人となり、祭り行事などを、盛り上げて行きたいと考えています。

豊かすぎる緑!島根県美郷町

私が好きな街(というか町)は、私の実家でもある島根県美郷町です。この美郷町、世界遺産に登録された石見銀山のある大田市の隣町で、「中国太郎」とも呼ばれる江の川を取り囲むように広がる、緑が豊かすぎる町です(笑)娯楽施設は皆無といっていいほどの田舎ではありますが、自然が豊かな分、食べ物がとっても美味しいのが自慢。春にはタケノコやワラビ、初夏には鮎やスイカ、秋にはキノコや栗、冬には柚子やつきたてのお餅など、一年を通じてその季節を感じられる美味しい食材が豊富です。特産品がイノシシのお肉というのも、その田舎度合いが分かるというものです。食べ物の他にも、夜空の満天の星が驚くほど美しいことや、夏でも比較的涼しいこと、石見神楽が盛んで、町のイベントや秋祭りなどで迫力のある石見神楽を間近に見ることができるのも自慢です(^∇^)帰省するたびに自然のパワーに癒され、いつまでも居たくなってしまう美郷町、ぜひ一度お越しくださいませ☆